OPRO Document Designer for Officeリリースノート

2022/03/13

既存機能の調整

2021/12/12

機能追加

既存機能の調整

2021/11/12

既存機能の調整

2021/09/12

既存機能の調整

2021/06/13

制限事項の変更

機能追加

既存機能の調整

2021/03/30

機能追加

既存機能の調整

2021/03/14

機能追加

既存機能の調整

2020/12/13

機能追加

既存機能の調整

2020/09/13

機能追加

既存機能の調整

2020/06/14

機能追加

例えば、以下のような構成の明細が定義されていたとします。
image-20200610092030922

単に明細を引用するフィールドを画像タグとして設置した場合、
image-20200610092857918
出力結果は以下のようになります。従来通り、明細の行数分だけ画像が羅列されます。
image-20200610092929138

表をこのように作成した場合、

image-20200610092107811
出力結果は以下のようになります。
image-20200610092245797

既存機能の調整

2020/04/08

リッチテキスト上で書式の指定が無い場合は、テンプレート上の差込タグに設定された書式が引き継がれます。

2020/03/08

項目説明既定値
フィールド区切り記号入力されたテキストデータをどの文字で区切るか指定します。CSVであれば「,(カンマ)」を指定します。,(カンマ)
文字列の引用符項目をどの文字で囲むかを指定します。"(二重引用符)
先頭行の取扱い入力したテキストデータの先頭行をどのように扱うかを指定します。
「列名として解釈する」を選択した場合、マッピング定義上の列名と先頭行の値を照合して、引用元列を特定します。
データとして扱う

2019/12/15

2019/06/09